「ほっ」と。キャンペーン

備え。

  おはようございます。
曇り空。
それに肌寒い。

あの震災から
三ヶ月が経とうとしています。

あれだけの被害があり
家を無くし
ご家族を亡くされた方々も多く
まだまだ
辛い思いをされてる事と
思います。

でも、
少しずつですが
皆さん
復興、生活を取り戻す為に
頑張っていらっしゃってます。

すごいですね。
東北の方々の力強さに
驚かされます。

全ての方が
そうではない。
まだ、心、身体にきずついて
いらっしゃっる方も
沢山いらっしゃるかもしれません。
耐えていらっしゃる…。

心痛みます。

そして思う事は
不安を煽るわけではありませんが

今回の震災だけでなく
この数年前から
自然が
地球が悲鳴をあげていたのでは
ないかと思います。

これから
余震もあるかもしれません。
他の自然災害もあるかもしれません。

自然に立ち向かう事は
とても無理ですから

備え。

心も
物資も
日頃から備えておきましょう。

と、思うこの頃です。
避けたくても避けられないなら
備え
しかありません。

備えていて
何も無ければ
それが一番です。

今日も穏やかな一日で
ありますように。
[PR]
# by nobi8roko6 | 2011-06-10 08:47 | つれづれ

FaceTimeを使って♫

こんばんは。

昨日の朝
成田空港を出発した長男。

夜の10時頃
無事、着いたと連絡がありました。

FaceTimeを使って。

本当に便利な世の中です。
iPhoneを持っていると
世界中何処でも?
無料で顔を見て話せるらしい。

何処でもと言っても
WiFiがある所ですけどね。

ホントに便利。

今日は電子に乗って
移動らしい。

母も行きたくなってきました。
[PR]
# by nobi8roko6 | 2011-06-09 19:13 | つれづれ

そろそろ出発かな?

おはようございます。

小雨模様。
梅雨だからしょうがない。

今日から長男がドイツに二週間行きます。
いいなぁ。
私も行きたいよ。

お友達のお家を点々として
宿泊費は浮かせるらしい。

久しぶりにお友達と会って
楽しいんだろうなぁ。

タダ、今ドイツはEHEC?
出血性大腸炎?が流行っているとかで
心配。

生ものは食べない様に。
手は良く洗って

なんて、小さい子供に言う様に
注意したりね。

とにかく,楽しんできてね。
たまには、羽根をのばして
のびのびね。

彼は、日本の生活に馴染めないらしので
時々,生まれ故郷に帰って
発散させないとダメなんですね。

これで
良いのか悩む母ですが…。

もう、子供ではないからね。

気をつけて
行ってらっしゃーい。
[PR]
# by nobi8roko6 | 2011-06-08 08:43 | つれづれ

友達って?

こんばんは。

長年生きていると
色々感じたり
発見が多いですね。

もう、無いか?
なんて事はないのです。

多分、天国に旅立つまで
そう言う事は続き
驚いたり
悲しんだり
喜んだり

でも
どんな事があっても気持次第かもね。

最近、思う事は
自分と言う人は
自分が一番可愛くて
愛おしく
中心に廻ってるのではないかしら?

自分がしたことが
いけない事だと反省したり
悔やむ事はある事。

でも、
それが度を越してはいけません。
それが、
分かれば良いのね。

あの人がこう思ってる
こんな風に思われてる
悪かった…。
ごめんなさい。
と、どんどん追い込んではいけません。

ある所で
自分を許さないとね。

分かれば良いのよ。
それだけでもすごい事。

そして
知り合いが
友人が
あなたの気に入らない事をしたなら

時には許す気持も大切。
責めて責めてもね。

お互いさま。よね。
そんな事が出来るから
長〜いお付き合いが出来たり
親友と言えたりする様になるのかも?

自分の尺度が正しいとは限りませんよ。

私も
沢山の人から許しを
頂いてます。

本当、ありがたいです。
感謝です。

今日もこのブログを読んでくださった方に
感謝します。

ありがとう。
[PR]
# by nobi8roko6 | 2011-06-07 19:32 | つれづれ

私たちに不思議な繋がり?

こんにちは。
今日は友人の息子に
赤ちゃんが誕生したので
お祝いに行ってきました。

子供って
宝ですよね。

彼に子供が授かった事を
とても
人一倍嬉しく感じるのです。

不思議な縁を感じるからかな?

夫か八年と四か月位前
病に倒れました。
現在の医学でも治らない病に侵されました。

入院は
専門科があり
私が毎日通える病院。

そこには
仲の良い友人。親友と言える友人が
看護師として働いています。

そして入院をした日に
驚いたのは
もう一人の親友の息子が
主人が入った病室の向かいの病室にいたこと。

彼が同じ様な病で入院していた事は
知っていたけれど
目の前の病室になるなんて!

それから約三カ月
励まし合いながら
闘病生活を送りました。

2人の違いは
病の質が違った事かな?

彼は辛い治療を乗り越え退院出来ましたが
主人は治療困難。

帰らぬ人となりました。

友人二人と三人で
休憩室であれこれ話し込んだり
涙したり
励ましたり…。

彼は辛い治療に耐え
懸命に頑張り
元気になりました。

そして
一週間前に
お父さんになったのです。

きっと
主人も天国で喜んでいる事でしょう。

健やかに育って欲しいですね。
子供は宝物。
[PR]
# by nobi8roko6 | 2011-06-04 18:34