「ほっ」と。キャンペーン

またいつかお会い出来ますように。

おはようございます。

昨日はあんなに暑くて
強風が吹き荒れていたのに

今朝は
冷たい風に変わり
肌寒いですね。

風邪など引かないよう
気を付けてくださいね。


今日は
ごくごく個人的な事で
長々となりそうですが
お許しくださいませ。

一昨日は
お仕事はお休みを頂き
上野の文化会館に行ってきました。

尊敬する素晴らしい方が
四月に天国へ旅立たれました。

その方は
SONY名誉会長をされていた
大賀さん。

昨日は、大賀さんを送るに
相応しい
素晴らしい音楽葬でした。

二曲目の献奏は
モーツァルトのレクイエム。

館長をされていた東京文化会館で、
会長、理事長を務めていらっしゃった
日本フィルハーモニー交響楽団
大友直人さん指揮し演奏。
創設されたソニー合唱団との
共演で
とても素晴らしかったです。

みなさんが
心からお見送りしましょう。
今迄、愛してくださった事への
感謝も込めた様な
演奏と合唱でした。



大賀さんとの出会いは
ドイツのハンブルクでした。

その当時、
飛行機はアンカレッジ、ハンブルクを経由し
フランクフルトに行っていました。
18時間程掛かりましたね。

結婚した直後にお会いしたのですが
そのころ既に
SONYは世界のSONYになっていました。

ドイツ人の中には
SONYは知っていても
日本製だとはしらないは人もいたり。

SONY製品は最高で
憧れさえありました。


SONYを
また、日本製品を有名にした方の
お一人です。

なのに
とても気さくで
お優しくて…
でも、厳しさもどこかにおもちで
お話しする時には
どこか包んでくださるものがあり
安心出来たものです。

若い頃はバリトン歌手を目指して
ドイツに留学しお勉強されてましたが
音響への素晴らしい才能や
商才があり
SONYに入社(もちらん、才能を見込まれて)
頭の中は仕事の事ばかりかと
思っていましたが

お仕事が終わったら
ご自分の時間を大切にし
音楽のお勉強をされていたそうです。

私達の忙しさとは比べ物にならないでしょうが
ご自分の時間を大切にされるのですね。

そして
飛行機の操縦桿も握られます。


お元気な時は
ご自分で操縦してヨーロッパやアメリカに
飛んでいらっしゃったらようです。

すごく
時間を大切にされていたのではないでしょうか?

カラヤンとは親しく
最期を看取られたそうです。

そして
私にとって
感動的だったのは
夫か旅立ち数年後
「Rocoさんは元気にしてるのかなぁ?」と
ご連絡くださいました。

私なんて
忘れてしまわれて当たり前なのに…。

その思いは押しつけがましくも無く
サラリと自然で…。

ご自身がタクトを振られる時には
ご招待頂き
演奏を楽しませて頂きました。
楽屋にお邪魔すると
いつも
「どう?元気にやってる?」
子供たちに事も心配してくださったりと。

全て順風満帆と思っていましたが
人生の後半は
病魔との闘いだったようです。
でも、
そんな事は見せない様に
お元気に明るく
振舞っていらっしゃいました。



最後にお話しした時は
私と秘書さんとお食事した事を
聞かれて
「今度はわたしも誘ってね」
って。


それが
最後の会話になりました。

あちらの世は
どんどん賑やかになっている事でしょう。

主人は先輩風吹かせてるかしら?

どうぞ
ごゆっくりなさってくださいね。
と…。

最後の献奏は
以前からご自分の葬儀の時には
モーツァルトの「ロザムンデ」をと
おっしゃっていたように

その優しいメロディで
お別れとなりました。



私は
社会的に立派にはなれないけれど
私は私なりの心で
人を気遣い
包める人になりたいなぁ。

人を愛せる人に。
自分だけの物差しで見ないように。


また、いつかお会いできます様に☆
「元気にしてたの?」って
おっしゃって頂ける様に。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by nobi8roko6 | 2011-06-25 09:08 | つれづれ
<< つい、便利さに依存して… 一日として無駄な時間なんてないよね。 >>